読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moody life

moody photo, moody life

椿図

描かれたように椿が咲いていた日本画のように静かに目立つ花

枝越しに

朝の太陽が昇ってくる枯枝越しに昇ってくる暖かさが伝わってくる

ベージュ色

ベージュ色の空に風が揺らしてた花ベージュ色の世界

遠い記憶

ずっと昔に出会いとおい記憶の中に仕舞い込んだのも忘れてしまってた光景ではないかとでも辿り着けない

姫踊子草

姫っていうイメージも踊り子ってイメージも全く感じられませんね攻めてくる軍隊みたい不気味なイメージです

紅を差すがいいか紅を引くがいいか紅を塗るが正解か白い花弁に淡い紅この花に見惚れる

茶と青

枯れ草を押し分け筆竜胆の力強い青

白椿

白い花柔かく今年も咲いた

瞬間冷凍

朝の冷気瞬間冷凍自然の力

枯草

枯草というか化石というかエノコログサまだまだ健在嬉しくなった

落ち花

まれに落ちても変らぬ美しい花朝の眩しい光に埋もれてました

桜水玉

河津桜に雨水玉も桜色春は近いよ

鳥だ!飛行機だ!

それはゴミだ!昨日は半日がかりで銀座のCPSまで行きセンサークリーニングしてきたばかりだレンズ付けたまま出し交換してないので奴らの責任だ!

ハイライト

たばこの名前じゃありません木洩れ日の光の当たり方にも何かの意味がるように思えた

揺れるピンク

お気に入りの花ピンク色の椿の色香に心揺れる

月と木

穏やかな月と暴れてる木と

香り

蝋梅の香りがこの水滴に溶け込んでいるとしたら集めて持ち帰ってみたい

やわらか

この色に魅かれるこのやわらかさに CHANEL NEXUS HALL ヴェルサイユ宮殿 カール ラガーフェルド

白い機体

血管のような枝の中を白い機体が抜けていく

桜だ

東海桜だと思うもう咲いていた

鳥と月と森

目覚めた鳥と眠りにつく月そして深い森

梅灯かり

梅がいい色に輝いてていた

光画

写真って光が描く画だと再確認した

分からない

もう何年も見てるのに分からないこの花の形

歩く

久しぶりに公園に行けた久しぶりに写真を撮れた歩けるって幸せだと思う

初梅

梅が咲いてました今年はじめ他の梅

アート

自然が作った氷のアートに人間の力とは何かと思った

新春

明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします

この道

この道を一緒に歩いてくれた人1年間のお付き合いありがとう来年も元気にこの道を歩きたい

何でもないような朝が

何でもないような冬の朝が幸せなんだと思えた空の色

ビロード毛蕊花

新発見フエルトのような葉っぱ―ビロードモウズイカ―

Merry Christmas

素敵なクリスマスになりますように

枯葉

枯葉を演奏するときにはこの風景を思い描きたい

十六夜の月

今月の十六夜の月一ヶ月前のよりも少し小さく感じた

12月の雨

12月の冷たい雨と風の朝の中水溜りの葉っぱと目が合った

キャッチ

背高泡立草の綿毛が落葉をキャッチするこの瞬間に感謝した

日ので前

寒むそうに寂しそうに山茶花の花

赤いシャワー

ピラカンサの実のシャワーを浴びる気分リフレッシュ

負けない

雪には負けないという葉っぱの意地を感じた温もりも一緒に感じた

揺れていた

ススキが柔らかく揺れていたうっとりするほど揺れていた身を任せたいほど揺れていた

八手

この花の目的はなんだろうよく解らない正体不明の花

力尽きる

頑張っていた力芝達も雪の威力に力尽きてた

緑に積雪

11月に初の東京の積雪お気に入りの木も化粧二度と見られない景色

雪芝

今朝の雪まだ撮れてないので雪景色の様な力芝の写真です

君は木

いつもそこの場所で季節の移り変わりを物静かに眺めている

金色

地面に舞い降りた落葉が世界を金色に塗り替えた

十六夜の月

満月は雨に翌日の空は一日遅れの寂しい輝き十六夜の月

八重

八重の花は暖かく見える蕊が守られてる

老犬

老犬が嫌々引きずられ散歩してた

鵯上戸の実

トマトにも似てる鵯上戸の実に水滴